Stollen


母になって、今でも忘れられないのは、私のお腹で10月10日を過ごした子供と初めて対面した瞬間だった。そして、緊張しながら抱き上げ初めて見つめあったこと。

その時の両手にかかるか弱いその存在に、涙があふれた。

シュトレンが出来上がっていく時、その過程や成形の際に、その時の気持ちを思い出した。

もともと宗教菓子で、クリスマスまでの日にちを待ちわびて、毎日少しずつ食べるもの。

その形は、幼子キリストのおくるみ姿になぞらえたもの。

私は、シュトレンの丸みと大きさに、自分のその時の気持ちを重ねてしまった。

なんとなく温かな気持ちになって、幸せな気持ちになった。

そんな気持ちをみなさんにも感じていただけますように...


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts