fondations-礎-

November 9, 2016

 

ずっと小さな頃から、父も母も古いものが好きで、家には古いものがあった。それを大切に直して使っていた。父は、器用な人で、なんでも自分で作るし、台所のものも、研いだり削ったり、差し替えたり、そんなことが当たり前の家庭でした。新しい電気製品なんてない、アナログな家庭で、話たちたちが巣立っても未だにそんな生活が続いています。私は覚えているエピソードとしては、私が大事にしていたおもちゃが壊れてしまい、悲しくて悲しくて泣きじゃくっていると、父が「かしてみな。」と言ってものの5分でささっと直してくれたことだ。ゴツくて分厚い父の手が魔法のように動き、元どおりに綺麗にしてくれた。私は、嬉しくて、その時のことをいまでも鮮明に覚えている。私の礎は、そんな小さな頃の、ありがたい環境にあり、それはいまでも大切にしています。ひょんなことで、思いもよらないことがあっても、また元に戻ればいいし、少しずつ自分で、また1からやり直せばいい。私は焦ったり、戸惑う性格なので、いつもそう言い聞かせているのも、そんな小さな頃に家族が教えてくれた大切な「教え」と思っています。

割ってしまったり、欠けてしまった大切な器を直すようになったのも、自分と向き合う大切な静かな時間だと思っています。器を直すのは時間がかかり、そのへしなさや手間を考えると、理解できない人もいるかもしれませんが、私にはその過程も愛しい。

繕い治った時、違った器の表情を見て、さらに愛おしくもなります。そして、また食べることを楽しみたくなる。料理したり菓子を作りたくなる。

幼い頃直してくれた、おもちゃはまだどこかにあるはず。あの時の気持ちに似ているかもしれない。

 

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

May 12, 2019

December 29, 2018

May 27, 2017

February 24, 2017

February 24, 2017

December 20, 2016

November 25, 2016

November 9, 2016

November 4, 2016

Please reload

Archive