土の香りと温かさ

May 16, 2016

 

季節が移り変わり、少しだけ体も心も追いついていないことを感じて、小休止しようと思い、両親の畑に飛び込んだ。

私が右往左往しても、畑はどしんと構えていて広い。それだけで何度救われたかなと思う。

 

両親の畑は飾らないし、農薬も使わないし、水やりも雨水のみ。葉は虫喰い、雑草と共生、形もバラバラだ。でも関東ローム層の大地が毎年温かな作物を実らせる。大地に抱かれる作物は本当にキラキラして、私はクラクラする。

 

最後のイチゴを摘み、皮が薄く甘みと酸味のバランスがよく、みずみずしい。

土の近くにいると、自分のトゲトゲしていた気持ちも土に溶け出していくみたいだ。

 

この気持ちと空気も冷めやらぬまま、すぐに作業に取り掛かる。大切なのはそこなんだ。

鍋の中に全てを閉じ込めて、「美味しい」を作る。

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

May 12, 2019

December 29, 2018

May 27, 2017

February 24, 2017

February 24, 2017

December 20, 2016

November 25, 2016

November 9, 2016

November 4, 2016

Please reload

Archive