孤高の上に

February 13, 2016

 

 コミュニティーに属さず、自分の道を歩くことを決めて6ヶ月が経ち、いろいろなことを感じ、また悩み、歩き、走りをしています。一人作る日々はかなり孤独で、戦いのような冷たさもあります。でも人生においてはそういうことも大切な時間だと思っています。

昨日は、ある方とお話しして、何の話しの流れかそのような話になり、

「コミュニティーに属さず、甘んじず、いつでも孤独と戦い、小さな夢にとどまっていては、そこ止まりだ、孤高の先を目指して行け」という話に。

その方は笑って、「俺の話は、いい加減だからな」と最後に付け加え、手を振って出て行きましたが、私にはひどく響いたように思います。

この先のこと、ずっと続いてゆく人生のこと。もっと目指すところは上に。

孤高の先を見据えて。

 

 

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

May 12, 2019

December 29, 2018

May 27, 2017

February 24, 2017

February 24, 2017

December 20, 2016

November 25, 2016

November 9, 2016

November 4, 2016

Please reload

Archive