November 25, 2016

Bon vivant vivantは「生きている」という意味。そこにbonが付いて「幸せに生きる」。

私はそんな言葉の意味を探っている途中です。本当は自分のお店を持ちたい。

これは、本当に小さな頃からの夢なのです。でもそれが簡単には叶わない。正しくは叶えていないという状況です。私の中での、お店を持つという意味が、自己満足としてだけではいけないと思うその葛藤からというのも大きな理由です。

いつも立ち止まってしまい、先へと進めていないのかもしれない。

のろのろとしていて、周りは歯がゆいかもしれない。

いろんなお店がある中で、お店の意味はなんだろう...

November 21, 2016

 先日、娘の3歳の保育参観がありました。変装し、気付かれないように目隠しされた窓からそっと娘の保育園での生活の様子を見ました。

母としてではなく、人として、感動して帰って来ました。

それは昼食の時間のこと。

子供達がなんとも「楽しくて美味しい時間を、大好きな友達と先生と味わっていたこと」が伝わってきた。小さな子たちが今日の献立を楽しみにしながら、それぞれニコニコワクワクを表現し、友達の器を並べてあげたり、椅子に座っていても、食べたくて落ち着きがなくなったり、嬉しそうに踊りだしたり。そんな姿がなんとも自然で、人間らしく、そして楽しそうなんだ...

November 9, 2016

ずっと小さな頃から、父も母も古いものが好きで、家には古いものがあった。それを大切に直して使っていた。父は、器用な人で、なんでも自分で作るし、台所のものも、研いだり削ったり、差し替えたり、そんなことが当たり前の家庭でした。新しい電気製品なんてない、アナログな家庭で、話たちたちが巣立っても未だにそんな生活が続いています。私は覚えているエピソードとしては、私が大事にしていたおもちゃが壊れてしまい、悲しくて悲しくて泣きじゃくっていると、父が「かしてみな。」と言ってものの5分でささっと直してくれたことだ。ゴツくて分厚い父の手が魔法のように動き...

November 4, 2016

娘が3歳の誕生日を迎えた。生まれる前は、「早く会いたい」とずっと願って、生まれると、可愛い寝顔を見て「ゆっくりゆっくり成長していいんだからね」と思い、母親なんて勝手なものかもしれない。でもそんな勝手な母の願いなどには関係なく、あっという間に3歳を迎えてしまった。

まだ3年しか経っていないのに、娘は泣いて眠ることしかできなっかった、何もできない娘から、おトイレもご飯も、洋服も自分でできるどころか、私とおしゃべりして、ケラケラ笑ったりする。人の世話までするようになった。本当に不思議な気分になる。私は3年間でそんな目覚ましい成長できない。昔...

Please reload

Recent Posts

May 12, 2019

December 29, 2018

May 27, 2017

February 24, 2017

February 24, 2017

December 20, 2016

November 25, 2016

November 9, 2016

November 4, 2016

Please reload

Archive
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon